スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎初番(6)~まだある不当表示の数々

番組表理論基礎講座~初めての番組表(6)

前回、
「中山2歳牝馬短距離S」である「第24回フェアリーS」を「中山3歳牝馬マイラ-ズC」である「第25回フェアリーS」が引き継ぐというのは、「第24回全国中学校卓球選手権大会」を「第25回全国高等学校野球選手権大会」が引き継ぐようなものである、というお話をしました。

しかしながら、このような
『レース名と開催回数の不正な継承』は、JRA競馬では古今東西日常茶飯事(ちゃめしごと)です。いくつか例を挙げてみたいと思います。

まず代表的なのは、1992年まで
「東日本新人王座決定戦」として行われていた「朝日杯3歳S」と、「西日本新人王座決定戦」として行われていた「阪神3歳S」が、93年から「男子(含むオカマ)新人王座決定戦」である「朝日杯3歳S~朝日杯フューチュリティS]と、「女子新人王座決定戦」である「阪神3歳牝馬S~阪神ジュべナイルフィリーズ」にひきつがれたことです(朝日杯の方は、牡馬・せん馬限定から、今は牡馬・牝馬)。これはちょっとおかしいです。

また
エリザベス女王杯は、95年の第20回大会までは芝2400Mで3歳牝馬限定のクラシック最終戦でした。それが、96年新たに芝2000Mの3歳牝馬限定のクラシック最終戦『第1回秋華賞』が創設され、そのあおりでエリザベス女王杯は芝2200Mの古馬牝馬によるG1戦へと変更されました。普通に考えれば、3歳牝馬クラシック最終戦をエリザベス女杯として回数を引き継ぎ、新たに古馬牝馬G1戦を秋華賞とするのが、人の道というものではないでしょうか?

もうひとつ違ったパターンの例として、高松宮記念とNHKマイルCを挙げたいと思います。御存知の通り、
高松宮記念は95年の第25回大会までは7月の中京で「高松宮杯」という名で行われていた芝2000MのG2戦でした。それが、96年5月に一旦「高松宮杯」という名のまま芝1200MのG1戦となり、98年から現在の「高松宮記念」という名に変わり、00年から3月開催となるものの、回数は終始一貫して引き継いできてます。それとは逆に、95年まで芝2000MのG2戦(ダービーTR)として行われてきた「NHK杯」一旦廃止となり、96年より芝1600Mの新設G1戦「第1回NHKマイルC」として、無理矢理生まれ変わらされます。屁理屈を言えば、NHKの方が施行時期もさほど動いてないし、2000Mから1600Mと距離の短縮率は小さいのに・・・。まあとにかく、常人には理解できない不思議なことだらけです。

しかしながら、JRAが何の意味も無く、クルム伊達や酔狂でこんなことをするわけはありえないので、
我々はその理由を考えなくてはならないでしょう。

本格的競馬研究サイト(HP)=『神子安泉競馬研究会』を御覧頂く方はこちらをクリック!


【楽天証券】もれなく、最大8,200ポイント!
スポンサーサイト

基礎初番(5)~フェアリーSってどうよ?

番組表理論基礎講座~初めての番組表(5)

業務連絡
=先日(1月27日)、ようやくPC対応メールマガジン『JRAのマル秘を暴け!』[まぐまぐ!]版と携帯端末用の[ミニまぐ]版の、それぞれ第1回目を配信いたしました。年明けに登録募集を開始して、出る出ると言いながら1ヶ月近くもお待たせして申し訳ありませんでした。これからは、月に2回くらいのペース(携帯版はもう少し早いペース)で配信していきますので、よろしくお願いします。

第1回目の内容は、
『ポケットいっぱいの秘密を暴け!』という競馬とは直接関係の無さそうなものでしたが、一部で大変好評なので、そのうちどちらかのブログでご紹介します。

さて、今回は前回に引き続いて、
重賞の回数及びその継承性の正統性についてです。
『そんな細かいことは直接馬券と関係ないんだから、どうでも良いじゃないか!』というご意見も多々あるでしょうが、そう言われてしまえば返す言葉はございません。自分でも、実際に『競馬研究』に役立っているのかどうか、はなはだ疑問に思うこともありますが、番組表理論研究というものは、そもそもそういうものじゃないかと思う次第であります。

『フェアリーS』は、『フェアリーS』だから何となく許されてしまっていますが、その距離だけでなく2歳戦が3歳戦に変更されているているわけだし、これが別の名前だったらどうでしょう?「第24回中山2歳牝馬短距離S」が「第25回中山3歳牝馬中距離S」に、あるいは「第24回中山2歳牝馬スプリントS」が「第25回中山3歳牝馬マイラーズC」に引き継がれるということです。

さらにこれを人間に例えますと、
「第24回全国中学校卓球選手権大会」が「第25回全国高等学校野球選手権大会」に引き継がれるようなものです。同じ古馬戦で、ダート1200Mという距離まで同じ「ガーネットS」の無念さが、痛いくらいに伝わってきます。いったい全体この民主主義の世の中で、こんなにも理不尽で極悪非道なことが、白昼堂々とまかり通っても良いのでしょうか?

次回、この問題について、さらに
徹底追求したいと思います。・・・(まだやるか!)

本格的競馬研究サイト(HP)=『神子安泉競馬研究会』を御覧頂く方はこちらをクリック!


【楽天証券】もれなく、最大8,200ポイント!

基礎初番(4)~ガーネットSはどこへ?

番組表理論基礎講座~初めての番組表(4)

前回、『重賞ゾロ目開催』ということに関してお話したわけですが、今回はそれに関連して、『そもそも重賞の回数とは何ぞや?』ということを考えてみたいとおもいます。

御存知の方も多いでしょうが、今年の番組表上で、例年1回中山の1週目か2週目に施行されていた
ガーネットSの姿がどこにも見当たりません。実は廃止されてしまったのです。

ライブドアブログの方で、「今年のフェアリーSの決着は、サイン的には故飯島愛さんへの弔意を示したものかもしれない」というような記事を書きました(その虚実は神(=JRA)のみぞ知る)。その
フェアリーSは、一昨年までの5回中山6日目という場所を追われて1回中山4日目に移り、さらに「芝1200M・特指・混合・別定戦」から「芝1600M・特指・国際・別定戦」に変更されました。しかしながら、『第25回フェアリーS』として、そのレース名と開催回数は引き継ぎました。

その一方、本来ならば今年第13回となるはずだった
ガーネットSは、昨年末5回中山4日目に新設された『カペラS』にその座を奪われます。ハンデ戦から別定戦に変わったとはいえ、「ダート1200M・指定・国際戦」という基本スペックはそのまま残していて、私としてはフェアリーSよりもこちらの方が『レース名の継承性』に正統性があると思うのですが・・・。

JRAの今年の番組表でのこの部分の見解は以下の通りです。そのまま掲載すると
『著作権侵害』と言われそうですが、私の法解釈(?)では番組表は『公共団体の報告書等』に含まれると思うので、一部抜粋させていただきます。さらなる詳細はJRAのHPで各自確認してください。

平成21年度の競馬番組については、さらなる競走内容の充実および各馬の出走ローテーションの改善等を図る観点から、開催日割の改善および国際交流競走の増設を含む重賞競走体系の改善・整備をはじめとして、以下のとおり各種改善策を実施することといたします。

(2)3歳牝馬重賞競走の
改善について
阪神ジュベナイルフィリーズ(Jpn1)の移設に伴い、平成20 年に休止いたしました2歳牝馬限定競走のフェアリーステークス(G3)[1,200m芝]について、クラシックにつながる牝馬競走体系
充実の観点から、第1回中山競馬第4日に、3歳牝馬限定競走として競走距離を1,600mに変更し、施行いたします。

(3)短距離ダート重賞競走の
整備に伴う重賞競走の廃止について
秋季競馬における短距離ダート競走の
充実を図る観点から、第5回中山競馬第4日にカペラステークス(G3)[1,200mダート]を新設したことに伴い、1 月に施行していたガーネットステークス(G3)については、廃止いたします。


まだあまり詳しく番組表を読んだことがない人にとっては馴染みが薄いでしょうが、神であるJRA様は、このように何かというと『改善』『さらなる競走内容の充実』『ファンの皆様へのより良いサービスの向上を目指して』などといった表現をよく使いますが、どこが改善で、何が充実で、どう向上したのか、全くわかりません。

きっと、
新橋のJRAの広報室の前で、『フェアリーSは絶対に1600Mで行われるべきだ!』とか『ガーネットSはカペラSに名称変更しろ!』と文句を言った人が大勢いるのでしょう。

本格的競馬研究サイト(HP)=『神子安泉競馬研究会』を御覧頂く方はこちらをクリック!


【楽天証券】もれなく、最大8,200ポイント!

基礎初番(3)~重賞ゾロ目開催

番組表理論基礎講座~初めての番組表(3)

業務連絡
=メールマガジン『JRAのマル秘を暴け!』はPCのみの対応で、携帯端末からは登録できないようです(知らんかったあ~)。そこで、何人かの方からの御要望で、『「ミニまぐ」に登録せよ!』とのことだったので、登録申請を出しました。すると知らない間にOKが出ていたようで、『「ミニまぐ」の登録しました』というコメントを頂きました。登録方法は、下記のメールアドレスに空メールを送れば良いとのことですので、興味のある方は御登録下さい。

配信登録用アドレス=M0089882@r.mini.mag2.com

さて今回は、前回と同じゾロ目でも、
『重賞ゾロ目開催』ということについて、お話したいと思います。先程、オバマさんが第44代アメリカ大統領に就任していましたが、番組表的にはこの第44代というのは『ゾロ目の大統領』=『仕切り板の大統領』ということになってしまいます。

そもそも、平場レースは勿論のこと、一般の条件戦特別レースやOP特別には
『第何回』という回数は付されません。グレードの付いた重賞レースだけのものです。

そもそもこの
『回数』というのが非常に曲者で、1954年(昭和29年)7月に日本中央競馬会法が公布され、9月に日本中央競馬会(JRA)が設立されます。よって、まだ創立50年強なのですが、それ以前の国営競馬の分も一部引き継いでいるため、60回以上のレースもかなりあります。今年第102回大会を迎える京都記念などは1983年まで年2回開催であったし、天皇賞は春と秋で距離が異なってからも通算して回数を数えています。

JRA競馬には、
JRA競馬全体の年数(1954年の設立以降)といったものも重要ですし、各重賞レース独自の回数というものも非常に重要になってきます。その中で、JRA全体の方は基本的に10年間を一区切りとしています(54年設立、64年シンザン三冠、83年ミスターシービー三冠、84年シンボリルドルフ三冠、94年ナリタブライアン三冠、05年ディープインパクト三冠)。一方、重賞レースの回数というものは、11年間(10年+1年)を一区切りにしています。

つまり、第1回から10回までを一区切りとし、そのあと
第11回を仕切り板として、次の第12回から21回までを一区切りとし、第22回をまた仕切り板とします。したがって、10年間ごとに一つのオペレーションが稼動しているとして、仕切り板の『ゾロ目開催大会』はその『10年オペレーション』の変更点と考えられるのです。よって、ゾロ目開催は特殊な開催で、真の勝者(これからの10年間を担う勝者)を輩出しない大会とみなされます。

しかしながら、
各重賞レースは、毎年様々な変更を施されます。レース名自体が替えられることすらありますし、距離や開催日やグレードなどといったといったわかりやすいことばかりでなく、特指が指定に替わったり、混合が国際に替わったり、別定がハンデに替わったり、別定規定が替わったり、賞金が替わったり・・・と、枚挙に暇がありません。

実際には、
毎年『リニューアル戦と幕引き戦』を繰り返しているような状態なのですが、その辺のところはいずれまたの機会に譲りたいと思います。

本格的競馬研究サイト(HP)=『神子安泉競馬研究会』を御覧頂く方はこちらをクリック!


【楽天証券】もれなく、最大8,200ポイント!

基礎初番(2)~枠連純粋ゾロ目

番組表理論基礎講座~初めての番組表(2)

実質的には、今回が初回ということになります。
今回は初歩中の初歩で、番組表というところまで行ってないかも知れませんが、まずはアイドリングということで・・・。

前回もお話しましたように、
競馬番組表理論というのは、1990年代初頭に片岡勁太先生が提唱し、基本的には片岡先生の私見をベースにして発展してきました。

片岡先生御自身の意見にも
変遷がありますし、その弟子や影響を受けた人たちが、各自でめいめいに研究を重ねて、広がっていきました。したがって、定説とか公式見解とかといった『教科書的なもの』は基本的にありません。強いて挙げれば、片岡先生のお書きになった本ですが、これとてメタモル出版の『パーフェクトVブックス』というシリーズで、『読み物的』な体裁になっているため、『教科書』とか『辞典』といった形態にはなっていません。

しかしながら、一般の競馬ファンには
馴染みの無い論理や奇異に感じる考え方にもかかわらず、競馬番組表理論研究家(以下番組表論者)の中では、『定説』としてコンセンサスを得ている論理がたくさんあります

そうは言っても、
すべての理論に大なり小なり異論はあるので、初めは比較的コンセンサスの高いものから順にご紹介していきます。

最初は、
『特殊構造決着』ということに触れます。『特殊構造決着』といっても人により様々な項目が挙がります。例えば、単勝1・2番人気による馬連決着をいう人もあれば、万馬券決着をいう人もあります。また、その万馬券決着ということに関しても、単勝なのか馬連なのか、はたまた3連単をも含むのかなど・・・。その中で、おそらく最も異論が無いのは、『枠連純粋ゾロ目決着』じゃないかと思います。

私は
『JRA競馬の最大の特徴は「8枠連複式」の枠連である』ということを、拙著でもHP等でもずっと言ってきました。そのことも、いつか別の機会に詳しく述べますが、全レース3連単発売が始まった現在でも、そのことは変わっていないと思います(枠連だけ買っていれば良いということではありません)。

その中で、皆さんよく御存知の『枠連純粋ゾロ目』というものがあります。
純粋ゾロ目というのは、いわゆる騎手の帽子の色が同じだという普通のゾロ目で、『対角ゾロ目・平行ゾロ目・逆枠ゾロ目といった隠れゾロ目』と区別するため使われます。本来『ゾロ目』という言葉は『揃い目(そろい目)』の賭博用語で、今はどうか知りませんが、昔NHKのアナウンサーなどは『そろい目』と言っていたようです。

では
なぜ『枠連純粋ゾロ目』が特殊決着なのかを自分なりに考えました。最近の若い人は信じられないでしょうが、馬連の発売が開始されたのは1991年の途中からで、それまでは枠連のみの発売でした。もっと具体的に言うと、大川慶次郎さんが「ライアン、ライアン」と言った90年のオグリキャップの有馬記念の時も、翌91年にトウカイテイオーが2冠を達成した時も、まだ枠連のみの発売でした。したがって、その当時の『枠連純粋ゾロ目』とは、事実上の唯一の『馬連発売』だったからなのだと思います。

番組表論者の有名な定説に、
『枠連ゾロ目決着の1着馬というのは、単に2着馬の同枠馬に過ぎない』というものがあります。レースを何らかの事情でゾロ目の特殊決着に終わらせ、そのレース戦歴は2着馬に請け負わせ、1着馬を棚上げにするという解釈なようです。しかしながら、私などはもうその考え方に慣れてしまっているのでそれほど違和感はありませんが、実際には1着馬は1着馬として記録にも残るし、賞金ももらう訳で、この辺が番組表理論の一般にはわかりづらいところのようです。

本格的競馬研究サイト(HP)=『神子安泉競馬研究会』を御覧頂く方はこちらをクリック!


【楽天証券】もれなく、最大8,200ポイント!

番組表理論基礎講座~初めての番組表(1)

これから何回続くかわかりませんが、『競馬番組表理論基礎講座~初めての番組表』と題して、番組表理論についてお話していきたいと思います。

それというのも、
片岡勁太先生が1990年代初頭に本を出版しだした後、しばらくブームがあったそうなのですが、その後徐々に、下火というのともちょっと違うようですが、より先鋭化・細分化されて、逆に離れていく人も多く、一般の競馬ファンの目にとまる機会が極端に減りました。

先日のメタモル出版の『忘年会』の際にお話した先生方ですら、片岡先生の存在と『番組表理論』という言葉は聞いたことがあるものの、
内容についてはほとんど知らないようでした。

ですから、
最近の若い競馬ファンや、最近ようやく『裏読み予想派』に転じられた皆さんにとっては、文字通り『初めて番組表理論という名前を聞いた』という方も多いのではないでしょうか?

番組表理論に限らず、競馬の理論というもの全体がそうなのですが、特にそういう
学術的な研究機関のようなものがあって、定説とか公式見解とかを発表しているわけではありません。

『競馬番組表』そのものは、JRAが実際に発行している冊子であるし、インターネットでもJRAのHPで好きなだけ閲覧もプリントアウトもできるし、言葉としても普通名詞です。しかしながら、『競馬番組表理論』ということになると、世の中的に見て非常に不思議なケースだと思うのですが、基本的に『片岡勁太』という一人の人間の私見を基準に成立していて、それを各自がそれぞれ勝手に先鋭化したり、アレンジしたりして発展していったものなので、全体を把握している人が一人もいないのです。

もちろん、私自身もその
『全体を把握できていない』人間の一人です。というより、そもそも拙著を出版するまで自分が「番組表論者」という自覚がありませんでした。なので、『競馬番組表理論基礎講座』という話をする資格はないのですが、それでもこの『不可能な挑戦』に果敢にチャレンジしていきたいと思いますので、皆さんよろしくお願い致します。

なお、HP(Webサイト)やライブドアブログ、このブログの他の項目などで、過去に話したテーマや項目と重複する場合も多々ありますが、
必要とあらば何度でも繰り返しますので、御了承下さい。

本格的競馬研究サイト(HP)=『神子安泉競馬研究会』を御覧頂く方はこちらをクリック!


【楽天証券】もれなく、最大8,200ポイント!

業務連絡2『小っちゃくなっちゃった』

前回に引き続き、いくつかお知らせがあります。

その前に、前回分で
『やけに字が小さいな』と感じられた方も多いと思いますが、もう1つのライブドアブログと全く内容が同じなので、前者をコピーして貼り付けたところ、あのように『小っちゃく』なっちゃいました。修正を試みたのですが、いくらやっても今度は逆に大きくなりすぎて、『誘拐犯人の脅迫文』のようになってしまうので、結局そのままにしました。読みづらくて申し訳ありません。

さて、ご紹介が遅くなりましたが、
『メタモル出版』のHPで、拙著『JRAのマル秘(シークレット)を暴け!』の「まえがき」と詳細な「目次」が読めますので、まだ拙著を御覧になっていない方は、是非こちらで御覧になって下さい(もちろんタダ)

方法ですが、まず当ブログの左上の「リンク」の欄の
『メタモル出版』(「まえがき」読めます)をクリックして、『メタモル出版』のHPへ入って下さい。拙著の刊行は半年前で「新刊」ではないので、「既刊書案内」の「ギャンブル・競馬」をクリックして下さい。そうしますと競馬本が著者別に分けてあるのですが、私はまだ1冊しか出版していないので「その他」をクリックし、今現在ですと「あなたにぴったりの必勝法がここにある」という小見出しの4冊目に配置されています。青色の「まえがき」というバナーをクリックすると、拙著の「まえがき」と詳細な「目次」が御覧になれます。

さて、迷走を続ける当ブログの今後の予定ですが、次回からしばらくの間、
『今さら誰にも訊けない競馬番組表理論』と題しまして、番組表理論の基礎をご説明していきたいと思います。『別にそんなことを知りたいとは思わない』という方も、是非御覧下さい。

本格的競馬研究サイト(HP)=『神子安泉競馬研究会』を御覧頂く方はこちらをクリック!


【楽天証券】もれなく、最大8,200ポイント!

業務連絡『メルマガ会員募集のお知らせ』

本日は皆さんに『メルマガ会員募集』のお知らせがあります。

昨年(08年)6月にHP&FC2ブログを開設した後、8月頃に「世の中にはメルマガというものが存在する」ことを知り、自身で「メルマガ」と称してメールを配信してきました。

その原始的なやり方で、全部で10回ほど配信し、おかげ様で少しずつではありますが、会員数も増えてまいりました。しかしながら、今まで毎回手作業でメールアドレスをBCCに打ち込んでいたのですが、同じ苗字の人が複数存在するなど、だんだんややこしくなってきました。会員をA会員・B会員と分けていたことも手伝って、作業が非常に煩雑になってきてしまいました。

このたび、再び「世の中には『まぐまぐ!』というものが存在する」ということを知り、『まぐまぐ!』さんの発行システムを利用させてもらって、新たに本格的(?)な『メールマガジン』を発行していきたいと思います。

気分一新、内容も新しくする予定です。興味のある方は是非御登録下さい。
もちろん無料で、解除も自由です。

登録(及び解除)方法は、HP(Web)サイト『神子安泉競馬研究会』のトップページの上部に登録フォームがありますので、「読者登録規約」をお読みの上、ご自身のメールアドレスを登録して送信して下さい。「創刊準備号」を御覧になりたい方は、バックナンバーをクリックして下さい。

このブログの左上の「リンク」の欄の、『メルマガ会員』登録フォーム(by『まぐまぐ!』)をクリックしていただいても、ほぼ同様の作業でOKです(・・・とはいうものの、どちらも自分で実際に試したことは無いので、確定的なことは言えませんが、99.9%以上大丈夫なはずです)。

旧メルマガ会員の皆さんで、継続を希望される方も、大変お手数をおかけして申し訳ありませんが、こちらで代理登録することができませんので、同様の方法であらためて御登録願います。

大勢の皆さんの御登録をお待ちしております。

本格的競馬研究サイト(HP)=『神子安泉競馬研究会』を御覧頂く方はこちらをクリック!


【楽天証券】もれなく、最大8,200ポイント!

競馬病重症患者の隔離病棟

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


昨年はおかげ様で、5月末にメタモル出版より拙著
『JRAのマル秘(シークレット)を暴け!』を出版させていただき、引き続き6月末にはHP(Webサイト)『神子安泉競馬研究会』当FC2ブログ『競馬病重症患者の隔離病棟』、そして12月半ばにライブドアブログ『JRAのマル秘を暴け!』を開設させていただきました。

今年はこれら3つが
相互に補完しあい有機的に結びついて、『三位一体』となって皆さんの競馬研究のお力になりたいと思います。

ライブドアブログの方にも書いたのですが、こちらのFC2ブログの方が半年間先行しながら、
先月立ち上げたばかりのポッと出の新参者のライブドアブログに、アクセス数で圧倒的な差を付けられてしまっています。今年は是非とも、あちらに負けないように頑張って更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします(どういう対抗意識で、どういうライバル関係なんだ?)

皆さんに誤解して欲しくないのは、この
『競馬病重症患者の隔離病棟』というタイトルが、マニアックな研究を続ける自分自身を卑下して自虐的に嘲笑ったものではなく、『競馬病重症患者の隔離病棟で訳もわからずにもがき苦しんでいるのは、むしろ一般の競馬ファンの方なんだよ。』という逆説的な意味を孕(はら)んで付けられているということです。

今年はその辺のところを、じっくりご説明していきたいと思います。


本格的競馬研究サイト(HP)=『神子安泉競馬研究会』を御覧頂く方はこちらをクリック!


【楽天証券】もれなく、最大8,200ポイント!

エイベックス・プレス?

ライブドアブログの方で述べた、先日のメタモル出版『忘年会』に関する余談です。

最初に
石川嘉一社長さんのご挨拶だったのですが、私は殿一気(しんがりいっき)先生たちと、文字通り最後方で聞いていました。なので、『出版業界の現状と今後の展望』に関するスピーチがあったのですが、少し聞き取りづらかったです。こちらはメタモル出版のことは「片岡先生の本を出している出版社」ぐらいの知識しかなく、出版業界のことも何もわからないのでポカ~ンとして聞いていました。何回か『グループ会社のエイベックス・プレスは・・・』というフレーズがはさまるので、「メタモル出版ってエイベックス・グループなの?」と思ってしまいました。

で、よくよく調べると「エイベックス・プレス」ではなく、
「AVエクスプレス」というグループ会社のことでした。AVといっても、アダルトビデオの略ではなく、オーディオビジュアルの方の略です。

取引業者さんや協賛企業さんからのプレゼントの抽選で、私は
パチンコメーカーのSANKYOさんからのロゴ入り置き時計をもらいました。メタモル出版からは、パチンコやパチスロの裏技本もいっぱい出ているのに太っ腹です。来年あたりはJRAもぜひ何かプレゼントを・・・

そんなこんなで今年もあと残り数分です。
半年間お付き合いいただき、
誠にありがとうございました
来年こそは、このブログも
ちゃんと真面目に更新していこうと思いますので、応援よろしくお願いします。それでは皆さん良いお年を・・・。

    
殿一気先生の最新刊です。

本格的競馬研究サイト(HP)=『神子安泉競馬研究会』を御覧頂く方はこちらをクリック!


【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
プロフィール

ブライアンズタイム

Author:ブライアンズタイム
FC2ブログへようこそ!

リンク
神子安泉著書

クリックで拡大!
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク集
AMAZON
楽天アフィリエイト




【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
片岡勁太・神子安泉著書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。