スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジルC(OP)雑感

皆さん、こんにちは。本日も時間が押し気味で申し訳ありませんが、本日10月23日(日)東京11Rのブラジル(OP)について、簡単に見ていきたいと思います。

(この記事は『特別研究会』限定ブログの冒頭部分です。)

【ブラジルC(OP)】・・・4回東京7日目、特指・混合・ハンデ戦、ダート2100M、フルゲート16頭、1着賞金2100万


今開催の東京競馬は2日目以降を「開催異常戦」ということですべて非正規戦化してしまいました。


しかも、その2日目の毎日王冠(G2)もそうでしたし、昨日の富士S(G3)もそうだったわけですが、当日の他レースにレース順位変更があったために、ダブル非正規戦化してしまいました。そして、今日も非常に微妙なのですが、第6Rと第7Rが入れ替わっており、正規戦で行いたがっている京都競馬に対し、どうしても非正規戦で施行する理由があるように思われます。


そしてこのブラジルCは、出走頭数こそフルゲートの16頭を満たす「フルゲート戦」でありますが、馬齢構成的には本来オペレーションの中心となるべき4歳馬の出走が1頭もいない非全世代競走です。いよいよもって怪しいレースということになります。


それでもやはり、「新賞金体系下での1000・1600万下条件戦実績の有無」と「新型馬券WIN5発売対象戦実績の有無(=今回は有が良)」、加えて「非正規戦実績の有無」がポイントになってくると思われます。


また、昨年は1着賞金がそれまでの2300万から2100万に減額されてしまいまいが、今年は据え置きでした。それ以外のスペックも開催日のカウントが6日目から7日目に変わった以外はほぼ同じです。


今年はその昨年の1着馬インバルコが4枠7番2着馬エアマックールが5枠10番に配され、対角同枠に対峙しています。果たしてこの2頭による2年連続ワンツー決着はあるのでしょうか?


この2頭の中では、今年の5月にWIN5発売対象戦でもある薫風S(1600)を勝ち上がった4枠8番ヒラボクワイルド(=一昨年の2着同枠馬でもある)と同居しているインバルコの方が優位であるかと思われます。


人気の3枠3番フリソの勝った丹沢S(1600)は土曜日開催の非WIN5発売対象戦なので、その辺のところは若干のマイナスポイントになるものと思われます。2月の土曜日の上総S(1600)1着の1枠1番ダノンエリモトップも同様です。


1600万下条件勝ちではなく1000万下条件勝ちではありますが、逆にポイントが高いのは、3歳馬で今年古馬戦の麒麟山特別(1000)を勝ち上がった後に、当日7Rと8Rが入れ替わってレース順位変更日となったレパードS(G3)で2着に連対を果たした8枠16番タカオノボルで、今日のブラジルCに対しては非常に誠意を持っているような気がします。

スポンサーサイト

第46回京都大賞典(G2)事前考察

皆さん、こんにちは。本日も時間が押し気味で申し訳ありませんが、本日10月9日(日)京都11Rの第46回京都大賞典(G2)について、簡単に見ていきたいと思います。

(この記事は『特別研究会』限定ブログの記事を再録したものです)

今開催の京都競馬は回数表示以外は正規戦型の開催で、本日は京都競馬の方にはレース順位の変更はないのですが、残念ながら8頭立てという非枠連馬券発売戦となってしまったがために、当レースはいきなり非正規戦化することとなりました。


それにしてもフルゲート18頭に対して8頭というのも酷い話です。登録段階では一応資格賞金1550万という格下条件戦馬であるセタガヤフラッグという8歳牡馬を加えて9頭ということだったので、一応枠連発売戦にすることも含めて「和戦両様の構え」だったのでしょうが、あっさり8頭立て戦にして「初志貫徹」してしまいました。


馬齢構成的のも3歳馬の存在しない非全世代競走です。しかしながら、今回はいずれにしても非正規戦なのでどうでも良い話かもしれませんが、この京都大賞典というレースは他のオールカマー・毎日王冠と違って、実は牝馬限定G1戦であるエリザベス女王杯のステップ戦も兼ねているので、牝馬が存在しないということは2重の意味で「隠れ非正規戦要因」ということになります。

(一部省略)


さてこの京都大賞典くらいになると、さすがに「新賞金体系下で1000・1600万下条件戦実績」の有無が取り沙汰される馬の数というものは少なくなりますが、今回のメンバーでは唯一5枠5番ネコパンチが存在しているので一応の注意は必要です。この馬は震災前に潮来特別という1000万下条件戦を勝ち上がった後、自己条件である1600万下条件戦を負け続けたのちにみなみ北海道SというOP特別を勝ち上がりました。その辺も含めて要注意な馬です。


G2戦なので、古馬戦重賞初挑戦がG2戦だった馬を挙げてみたいと思うのですが、8頭中1枠1番フォゲッタブル(=ステイヤーズS1着)、3枠3番ジャガーメイル(=アルゼンチン共和国杯2着)、8枠8番ビートブラック(=日経新春杯10着)と3頭存在します。前出ネコパンチは今回が重賞初挑戦なのでここに含まれます。


その中で、ビートブラックの勝った昨年暮れのオリオンS(1600・芝2400M・10R・カク指・混合・ハンデ戦)当日、中山10Rでは距離以外は同じスペックの美浦S(1600・芝1800M・カク指・混合・ハンデ戦)が施行されていました。両レースは「並列戦」ということであり、それは本日の京都大賞典と毎日王冠の関係と一緒であります。ビートブラックはこのオリオンSを勝ち上がった後すぐにG2の日経新春杯に参戦していて、今日の京都大賞典に対して非常に誠意(?)が感じられます。今現在9~10倍台の単勝オッズなのですが、一応この馬を連軸候補とさせていただきます。


相手候補は、総流しみたいになっても不味いのですが、大人気の7枠7番ローズキングダムと、2年連続連対中の4枠4番オウケンブルースリも切り切れないので、ローズキングダムへの馬連(7=8)を本線として、前出3頭を3番1番5番といった優劣関係で拾い、オウケンブルースリを押さえに回してみて下さい。

【追伸】
いよいよ片岡先生の新刊本=「立ち見が出るほど盛り上がる競馬白熱教室」(メタモル出版)が発売開始となりました。





韓国馬事会杯(1600)回顧

皆さん、おはようございます。忘れないうちに、先日10月1日(土)中山11Rの韓国馬事会杯(1600)について、簡単に振り返ってみたいと思います。

(この記事は『特別研究会』限定ブログからの抜粋です)

結果は、1着が単勝2番人気(4.1倍)の1枠1番ダイワファルコン2着が6番人気(14.1倍)の3枠3番クーデグレイス3着が圧倒的1番人気(2.8倍)の7枠9番リルダヴァルで、枠連(1-3)2440円、馬連(1-3)2180円という配当でした。

今開催の中山競馬は正規型の開催で、この日はレース順位の変更がなかったので、正規戦として扱います。

フルゲート16頭のところを12頭立ての非フルゲート戦でありましたが、馬齢構成的には3・4・5・6・7歳馬が揃う全世代競走でした。

このレースはスペックがコロコロ変わるため、過去のレースの回顧が意味を為さないというお話をしました。

今回も、「新賞金体系下での1000・1600万下条件戦実績」と「新型馬券WIN5発売対象戦実績」の有無という観点から、1枠1番ダイワファルコン8枠12番ギンザボナンザを連軸候補の1・2番手に挙げ、さらに同様の立場から、5枠5番ニシノメイゲツ6枠7番カゼノグッドボーイもその1000万下条件戦1着歴が非WIN5戦実績なので悪くないという見解を示しました。なので、ちょっと焦点のボヤけた予想となってしまいました。

結果的に、この4頭の中から2番人気のダイワファルコンだけが1着となり連対枠入りし、他の3頭は掲示板にすら載れない惨敗でした。

同様に、相手候補に挙げていたリルダヴァルは3着、3着候補かも知れないと思っていたプレイは4着でした。

なので、予想的にも大惨敗なのですが、皮肉にも推奨馬券メール配信後に限定ブログの事前考察(2)に書き足した、「韓国馬事会杯の枠連出目」から、今年も3枠が起用されてしまいました。

再録します(=枠単方式で書いておきます)。
02年~06年=(-7)(-8)(-4)(-4)(
06年~10年=()(4-)(8-)(1-)(

02~06年は5枠を1着枠に起用し続け、06年で3枠にバトンを渡すかのように、06年~10年まではその3枠を2着枠に起用し続けています。

もっとも今年は問題の6年目なので、むしろまた5枠の起用に戻るのかと考えて失敗してしまったわけですが・・・。

今回は、このレースのようにコロコロスペックが変わりながら同じレース名で統一されたレース群には、このように出目的に何らかのオペレーションが施されているものがあるということを、あらためて再認識させられました。

本当はもっと凄いオペレーションが働いているわけなんですけれども、それは信義上『特別研究会』の皆様のみにお話させていただきます。

第45回スプリンターズS(G1)事前考察(2)・・・完全版

皆さん、こんにちは。本日はどうもお疲れ様です。

本日の第45回スプリンターズS(G1)は、7枠13番ビービーガルダン発走除外となってしまいました。

なので、番組表研究者のハシクレとして結果だけを喜んで良いものかどうか微妙なところですが、何故か馬券的には非常な幸運に恵まれたようです。

後出しにはなりますが、全文を掲載させて頂きます。

【第45回スプリンターズS(G1)事前考察(2)】

皆さん、こんにちは。本日も時間が押し気味で申し訳ありませんが、本日10月2日(日)中山11Rの第45回スプリンターズ(G1)について、さらに検討を進めていきたいと思います。

今開催の中山競馬は正規戦型の開催で、本日はレース順位変更が無いので、基本的に正規戦です。

出走16頭のフルゲート戦です。但し、馬齢構成的には3歳馬が居ないので、完全な全世代競走というわけではありません。登録段階でヘニーハウンドというマル外の3歳馬が1頭いましたが、出走決定順位17番目ということであぶれてしまいました。カク外馬が3頭参戦しています。


このレースは昨年まで「グローバルスプリントチャレンジ第6戦」という但し書きが付いていましたが、今年はその「第6戦」という部分だけが削除されてしまいました。その関連で言えば、同じく昨年まで「グローバルスプリントチャレンジ第5戦」という但し書きが付いていたセントウルS(G2)は、今年からその「グローバルスプリントチャレンジ」シリーズ自体から外されてしまいました。

一方で、昨年までは何も付いていなかった高松宮記念に、今年から「グローバルスプリントチャレンジ」の但し書きが付きました。

そもそも今年は第45回大会というリニューアル戦です。さらに、今年から例の「新型馬券WIN5発売対象戦」ということでもあります。


以上のようなことなどから、今年からこのスプリンターズS(G1)は二重にも三重にもリニューアル戦化しています。なので、連対馬もしくはその同枠馬には「この先10年の指針」を担う新しい戦歴が求められるはずです。


そうした意味においては、やはりここでも「新賞金体系下での1000・1600万下条件戦実績」と「WIN5発売対象戦実績」の有無が問われます。人気はありませんが、心斎橋S(1600)1着・UHB杯(WIN5対象OP)1着の2枠2番パドトロワ、淀屋橋S(1600)1着・船橋S(1600)1着・北九州年記念(WIN5対象G3)2着の同2枠4番エーシンリジル、山城S(1600)1着・函館SS(WIN5対象G3)1着・キーンランドC(WIN5対象G3)1着の5枠10番カレンチャンには十分注意が必要です。


しかしながら、ここで問題になってくるのは7枠14番エーシンヴァーゴウです。彼女の勝ったオラシオンS(1600)は3場開催でのもの、ルミエールS(OP)は突発的な今年限りの新設戦、アイビスSD(G3)は発走除外戦と、変なレースばかりです。但し、前走で前述の新生=セントウルS(G2)を勝ったことがどのように評価されるのか疑問です。


ここ最近の芝1200MのJRA短距離G1戦2レース(高松宮記念・スプリンターズS)は、1~3着馬及びその同枠馬を使いまわして来ています(あとで限定ブログにアップします)なので、サンカルロアーバニティサンダルフォン、そして最も活躍頻度が高いビービーガルダンの配せられた枠には注意する必要があると思います。


結論としましては、まずは前出3頭の中からカレンチャン>パドトロワ>エーシンリジルといった優劣関係で1頭か2頭選んでみて下さい。個人的にはカレンチャンを連軸候補の1番手にしたいところです。2枠2頭は人気が無いので、枠連で少しずつ押さえる形でも結構だと思います。


相手候補は、ダッシャーゴーゴーの前年2位入線4着降着までも有効だとみなすと、前出4頭の入る3・6・7・8枠とほとんどすべての枠が対象となってしまいますが、ある程度絞るとすれば6枠・8枠を省いて、人気薄でも7枠を重視した方が良いかと思われます。

ビービーガルダン
08年 スプリンターズS=3着(1着同枠)
09年 高松宮記念=16着(最下位同枠) スプリンターズS=2着
10年 高松宮記念=2着 スプリンターズS=10着
11年 高松宮記念=4着

アーバニティ
09年 高松宮記念=4着(1着同枠)スプリンターズS=7着
11年 高松宮記念=3着

サンカルロ
10年 高松宮記念=4着 スプリンターズS=3着
11年 高松宮記念=2着

サンダルフォン
09年 スプリンターズS=9着(1着同枠)
10年 スプリンターズS=11着(2位入線4着降着馬同枠)
11年 高松宮記念=13着(1着同枠)

ポートアイランドS(OP)雑感

皆さん、おはようございます。本日10月2日(日)阪神11RのポートアイランドS(OP)について、簡単に見ていきたいと思います。まずは、過去の1~3着馬の前走成績からです。

(この記事は「特別研究会」限定ブログの冒頭部分を再編集したものです)

06年・・・この年だけ中京開催、芝1800M特指・国際・別定戦、1着賞金2400万、11@16
1着 コンゴウリキシオー 牡4 58 1 朝日CC1番人気2着
2着 イースター 牡3 52 7 アーリントンC2=8
3着 ケイアイガード 牡5 56 2 朝日CC4=3

07年・・・本来の4回阪神8日目11R、芝1600M、18@18
1着 スーパーホーネット 牡4 56 2 安田記念18=11
2着 アンブロワーズ 牝5 54 4 関屋記念5=7
3着 マイネルスケルツイ 牡4 56 4 安田記念12=10

08年・・・10R戦化ワイドゾロ目決着、18@18
1着 マイネルレーニア 牡4 56 7 NSTOP1=5
2着 バトルバニアン 牡4 55 3 新潟記念3=6
3着 マルカフェニックス 牡4 55 4 セントウルS4=7

09年・・・1着賞金2300万化、18@18
1着 クラウンプリンセス 牝5 55 4 朝日CC7=8
2着 アップドラフト セン7 56 7 京成杯AH14=2
3着 フライングアップル 牡5 56 5 朱鷺S2=2

10年・・・1着賞金2200万化対角ゾロ目決着、10@18
1着 ダノンヨーヨー 牡4 55 1 月岡温泉特別(1000)1=1
2着 フライングアップル 牡6 55 5 京成杯AH2=4
3着 タマモナイスプレイ 牡5 57 3 セントウルS10=5


皆さん、こんにちは。本日も時間が押し気味で申し訳ありませんが、本日10月2日(日)阪神11RのポートアイランドS(OP)について、さらに検討を進めていきたいと思います。

今開催の阪神競馬は回数表示以外は正規戦型の開催で、本日はレース順位変更もないので正規戦と見なします。

フルゲート18頭のところを15頭立て戦なので非フルゲート戦ということになりますが、阪神に戻ってきて以来3年続いたフルゲート18頭戦が昨年突如10頭立て戦となり、対角ゾロ目決着したことに比べれば、今年はまともな方にハンドルを切るはずです。馬齢構成的には3・4・5・6歳馬が揃っているので全世代競走ということになります。

このレースはいわゆる「出世レース」と言われるものの一つです。一般的には結果から見て「なんとなくそうなっている」というだけなのでしょうが、特指戦であることから見ても、この1年間に下級条件から勝ち上がってきた馬が、さらに上を目指す場合の通過点となっているようです。

(以下省略)


韓国馬事会杯(1600)過去の経緯と雑感

皆さん、おはようございます。本日10月1日(土)中山11Rの韓国馬事会杯(1600)について、簡単に見ていきたいと思います。初めに過去5年の経緯から見ていきます。

(この記事は「特別研究会」限定ブログの冒頭部分を再構成したものです)

06年・・・3回中山3日目=4月1日(土)11R、ダート1800M、カク指・混合・別定戦、馬連万馬券決着、1着賞金1830万、14@16

07年・・・2回中山1日目=2月24日(土)11R、芝1200M、カク指・混合・定量戦出走取消戦=2頭、(16-2)@16

08年・・・2回中山1日目=3月1日(土)11R、芝1200M、カク指・混合・定量戦、16@16

09年・・・2回中山1日目=2月28日(土)10R、芝1200M、カク指・混合・ハンデ戦出走取消戦1着賞金1780万、(16-1)@16

10年・・・2回中山7日目=3月20日(土)10R、芝1600M、カク指・混合・定量戦、14@16

皆さん、こんにちは。本日は3レース配信なので時間が押し気味ですが、本日10月1日(土)中山11Rの韓国馬事会杯(1600)について、さらに検討を進めていきたいと思います。


今開催の中山競馬は正規戦型の開催で、本日はレース順位変更が無いので、正規戦ということになります。フルゲート16頭に対し12頭立てなので非フルゲート戦です。馬齢構成的には3・4・5・6・7歳が揃っているので全世代競走ということになります。


事前考察(1)を御覧になって頂ければわかるように、このレースは毎年のようにコロコロとスペックが大幅に変わるので、過去の同名戦を調べても全く意味がありません。特に今年に限っては震災の影響で本来春季にやるべきレースを秋季に再設計したわけで、とりあえず別の視点を探さざるを得ません。


ということで、このレースに関しても今年のテーマである「新賞金体系下での1000・1600万下条件戦実績の有無」、加えて「新型馬券WIN5発売対象戦実績の有無」といういつもの2大着眼点を押さえることで対応するしかないと思います。


(以下省略)

推奨馬券の方には、余計なことを書いてかえって混乱を招いてはいけないと思ったので触れませんでしたが、このレースはスペックはころころ変わるくせに、枠連の出目に関しては02年から06年まで(5-7)(5-8)(4-5)(5-7)(3-5)と5年連続で5枠を起用し、最後のの06年からは(3-5)(3-4)(3-8)(1-3)(3-5)と5年連続で3枠を起用しています。今年は再び5枠のターンがあるでしょうか?

余談ですので、気にしないで下さい。

プロフィール

ブライアンズタイム

Author:ブライアンズタイム
FC2ブログへようこそ!

リンク
神子安泉著書

クリックで拡大!
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク集
AMAZON
楽天アフィリエイト




【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
片岡勁太・神子安泉著書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。