スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上最強の『団体職員』

 お恥ずかしい話ではあるが、子供の頃の思い込みで、社会人になるまで、いや社会人になってからもしばらくの間、『団体職員』というのは『市民団体・圧力団体』や『左翼団体・右翼団体・暴力団体(?)』の構成員を指す言葉だと思っていた。
 実際には、農協職員や各種財団法人などの職員、NHKの職員などを指す言葉だと知ったのは、ずいぶんと後だった気がする。

 すると我々の大親友である(と勝手に思い込んでいる)JRA(日本中央競馬会)の職員の皆さんも、その中に含まれることになる。
 内部事情は我々末端には窺い知れないが、一般に『業務部企画課』の人たちだと言われている、日本が世界に誇るその精鋭たちは、普段何を考えているのだろうか。この国の行く末か、はたまた人類の未来か?

 私自身が競馬研究を続けながら思うことは、彼らは国家を背負う官僚(厳密には団体職員)でありながら、自分たちを『天才数学者』もしくは『イリュージョニスト』さもなくば『狂気の天才芸術家』として、我々の上に君臨するのである。
 日常の様々な機会で、彼らが職業欄に『団体職員』と記入する際に、どのような心境であるのか?他人事ながら、実に興味深い事である。

本格的競馬研究サイト(HP)=『神子安泉競馬研究会』を御覧頂く方はこちらをクリック!

最後に読み終わった際には、どれか適当にクリックしてください。
ブログランキング【くつろぐ】 
スポンサーサイト
プロフィール

ブライアンズタイム

Author:ブライアンズタイム
FC2ブログへようこそ!

リンク
神子安泉著書

クリックで拡大!
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク集
AMAZON
楽天アフィリエイト




【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
片岡勁太・神子安泉著書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。