スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎初番(3)~重賞ゾロ目開催

番組表理論基礎講座~初めての番組表(3)

業務連絡
=メールマガジン『JRAのマル秘を暴け!』はPCのみの対応で、携帯端末からは登録できないようです(知らんかったあ~)。そこで、何人かの方からの御要望で、『「ミニまぐ」に登録せよ!』とのことだったので、登録申請を出しました。すると知らない間にOKが出ていたようで、『「ミニまぐ」の登録しました』というコメントを頂きました。登録方法は、下記のメールアドレスに空メールを送れば良いとのことですので、興味のある方は御登録下さい。

配信登録用アドレス=M0089882@r.mini.mag2.com

さて今回は、前回と同じゾロ目でも、
『重賞ゾロ目開催』ということについて、お話したいと思います。先程、オバマさんが第44代アメリカ大統領に就任していましたが、番組表的にはこの第44代というのは『ゾロ目の大統領』=『仕切り板の大統領』ということになってしまいます。

そもそも、平場レースは勿論のこと、一般の条件戦特別レースやOP特別には
『第何回』という回数は付されません。グレードの付いた重賞レースだけのものです。

そもそもこの
『回数』というのが非常に曲者で、1954年(昭和29年)7月に日本中央競馬会法が公布され、9月に日本中央競馬会(JRA)が設立されます。よって、まだ創立50年強なのですが、それ以前の国営競馬の分も一部引き継いでいるため、60回以上のレースもかなりあります。今年第102回大会を迎える京都記念などは1983年まで年2回開催であったし、天皇賞は春と秋で距離が異なってからも通算して回数を数えています。

JRA競馬には、
JRA競馬全体の年数(1954年の設立以降)といったものも重要ですし、各重賞レース独自の回数というものも非常に重要になってきます。その中で、JRA全体の方は基本的に10年間を一区切りとしています(54年設立、64年シンザン三冠、83年ミスターシービー三冠、84年シンボリルドルフ三冠、94年ナリタブライアン三冠、05年ディープインパクト三冠)。一方、重賞レースの回数というものは、11年間(10年+1年)を一区切りにしています。

つまり、第1回から10回までを一区切りとし、そのあと
第11回を仕切り板として、次の第12回から21回までを一区切りとし、第22回をまた仕切り板とします。したがって、10年間ごとに一つのオペレーションが稼動しているとして、仕切り板の『ゾロ目開催大会』はその『10年オペレーション』の変更点と考えられるのです。よって、ゾロ目開催は特殊な開催で、真の勝者(これからの10年間を担う勝者)を輩出しない大会とみなされます。

しかしながら、
各重賞レースは、毎年様々な変更を施されます。レース名自体が替えられることすらありますし、距離や開催日やグレードなどといったといったわかりやすいことばかりでなく、特指が指定に替わったり、混合が国際に替わったり、別定がハンデに替わったり、別定規定が替わったり、賞金が替わったり・・・と、枚挙に暇がありません。

実際には、
毎年『リニューアル戦と幕引き戦』を繰り返しているような状態なのですが、その辺のところはいずれまたの機会に譲りたいと思います。

本格的競馬研究サイト(HP)=『神子安泉競馬研究会』を御覧頂く方はこちらをクリック!


【楽天証券】もれなく、最大8,200ポイント!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ブライアンズタイム

Author:ブライアンズタイム
FC2ブログへようこそ!

リンク
神子安泉著書

クリックで拡大!
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク集
AMAZON
楽天アフィリエイト




【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
片岡勁太・神子安泉著書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。