スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎初番(7)~各種非正規戦[1]

番組表理論基礎講座~初めての番組表(7)

競馬番組表理論研究というものは、いわゆる普通の学問研究とは全く異なった研究形態です。普通の学問というものは、何かまだ誰も知り得ていない真実を解き明かしていくものなのでしょうが、番組表理論研究というものはあらかじめJRAが作為的に作り出した『真実』を暴いていくものです。

したがって、
『仮説の上に仮説を積み重ねて構築された砂上の楼閣』です。一歩間違えれば、非常に滑稽な『机上の空論』となってしまいます。そして、本来主催者として質問・疑問に答えるはずの立場にあるJRAは、まともな答えはおろか、ヒントすら与えてくれません。世の中にこんな不思議な学問研究の形態があること自体、非常に驚異です。ギネスものです。というか、人類史上古今東西いまだかつていつの時代にも、どこの国と地域にも存在しなかった奇蹟の学問なのです。

番組表理論研究の基本の一つとして、レース全体を
『正規戦』『非正規戦』に分けるという方法があります。『非正規戦』等の呼び名は、研究者各自が勝手な呼び方で付けているので、人によって多少違います。片岡先生などは、「粗大ごみ回収戦」という意味で『マル粗戦』と呼んでいることもあります。

この
『正規戦と非正規戦』の区別ですが、これも細かい部分では、人によって大きな違いがあります。また、『非正規戦』の『非』要因を細かくあげつらっていくと、ほとんどすべてのレースが『非正規戦』になってしまし、逆に『正規戦』そのものが存在しないということになってしまいます。

なので、この件に関しても、何回かに分けてお話していきたいと思います。

とりあえず、誰からも異論の無いところとして、
「出走取消馬の出たレース」及び「発走除外馬の出たレース」は間違いなく『非正規戦』です。しかしながら、発走除外はほとんどが締め切り後に発生するので(除外は装鞍所以降なので、中にはギリギリ間に合う場合もあるが・・・)、それから馬券を買い直そうと思っても、ほとんどお手上げ状態です。

人によって判断は異なりますが、出馬投票をして出馬が認められながら、枠順確定前に出走取消馬が出る「枠順確定前出走取消」も、基本的には『非正規戦』要因に含みます。そのことによって、わざと「フルゲート戦」になることを阻止したりするからです。

また、発走の際ゲートで暴れるなどして、
「外枠発走」させられる馬が出る「外枠発走戦」も、当然『非正規戦』要因となります。本来のゲートが空になるからという考え方です。これも、人によっては判断が異なります。

まだまだ
おびただしい数の『非正規戦要因』がありますので、次回引き続いてお話したいと思います。

本格的競馬研究サイト(HP)=『神子安泉競馬研究会』を御覧頂く方はこちらをクリック!


【楽天証券】もれなく、最大8,200ポイント!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ブライアンズタイム

Author:ブライアンズタイム
FC2ブログへようこそ!

リンク
神子安泉著書

クリックで拡大!
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク集
AMAZON
楽天アフィリエイト




【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
片岡勁太・神子安泉著書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。