スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎初番(10)~各種隠れ非正規戦

番組表理論基礎講座~初めての番組表理論(10)

ついに回数が2桁になってしまいました。
そもそもは、「競馬番組表」といっても
「何それ?」という一般の競馬ファンや、一応名前は聞いたことがあるけど何のことかはわからないという多くの裏読み派の皆さんの為に、ホンのサワリだけを簡単に解説するコーナーだったはずが、非常に大掛かりになってきてしまいました。

逆に、元々番組表理論を研究していた皆さんにとっては、
非常に基礎的なことばかりなので、少々まどろっこしく感じられるかもしれません。なわけで、果たして本当に読者がいるのかどうかは大いなる疑問ですが、行きがかり上、行けるところまで行くしかありません。

[12] 
重賞ゾロ目開催戦
あと、すっかり忘れるところでしたが、基礎初番(3)でお話した「重賞ゾロ目開催戦」も、勿論非正規戦ということになります。

まだ細かく見ていくと、何種類かあるのでしょうが、一応このくらいにとどめておきます。
さて、これらのほかに、
「番組表の形式」的にはそれほど『非正規戦』とまではいかないものの、「番組表の設計意図」からすると『正規戦とは呼べない=隠れ非正規戦』とでも呼ぶべきものがあります。

以下に例を掲げます。しかしながら、これらを『非正規戦』として扱ってしまうと、そもそも『正規戦』というもの自体の
ハードルが上がりすぎて、すべてのレースが『非正規戦』となってしまいます。したがって、各自でその取り扱いは、適宜行ってください。

[1] 
フルゲート戦でない。

[2] 
混性戦なのに、牝馬が不在(逆もありうる。セン馬までは・・・)。

[3] 
古馬戦なのに、(3歳・)4歳・5歳・6歳・・・が揃っていない(普通は7歳以上は不在でも良い)。

[4] 
国際戦なのに「カク外馬」が不在。指定戦・特指戦なのに「カク地馬」が不在。
   混合戦なのに
「マル外馬」が不在。
そもそもこれだけ国際戦が増えたのに、カク外馬など滅多に出て来ません。

さらにもっと難癖をつければ、
[5] 
トライアルの勝ち馬が不在。優先権を行使していない。
など、いくらでも挙げられます。

また、
春の天皇賞は昔は昭和天皇の誕生日(4月29日)に固定で施行されたのですが、現在では逆にその日に行われる年は「非正規」とする考え方もあります。さらに、今年のようにバレンタインデーの当日(2月14日)に施行されるバレンタインSは「非正規」とみなす考え方もあります。

そんなわけなので、
そのレースが「正規なのか非正規なのか」わからない人は、JRAに聞いてみて下さい。
本格的競馬研究サイト(HP)=『神子安泉競馬研究会』を御覧頂く方はこちらをクリック!


【楽天証券】もれなく、最大8,200ポイント!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

拝見しました。
お礼にランキング投票しておきます。
また訪問しますので、よろしくお願いします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ブライアンズタイム

Author:ブライアンズタイム
FC2ブログへようこそ!

リンク
神子安泉著書

クリックで拡大!
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク集
AMAZON
楽天アフィリエイト




【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
片岡勁太・神子安泉著書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。