スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月16日(土)京都11R大文字S(1600)回顧

皆さん、こんにちは。前回お約束したように、引き続き「大文字S(1600)回顧」記事を完全ノーカットで掲載いたします。

【大文字S(1600)回顧】

皆さん、こんにちは。忘れないうちに、7月16日(土)京都メイン11Rの大文字S(1600)について、簡単に振り返ってみたいと思います。

結果は、1着が1番人気(2.6倍)の5枠7番ミッキードリーム2着が5番人気(11.7倍)の7枠10番トモロポケット3着が2番人気(3.5倍)の8枠13番タガノエルシコで、枠連(5-7)840円、馬連(7=10)1420円という配当でした。

本来であれば2回小倉初日として施行されるべき競馬日が、今年は当初から(=震災の影響に関係なく)4回京都5日目てしての代替開催でした。それ以外では、今年は西主場のメインレースがすべて11R戦化しています。

大文字S(1600)とはそうした意味において今年限りの臨時戦で、スペックとしては、昨年ならば「釜山S」、一昨年ならば「博多S」として施行された1600万下条件特別戦とほぼ同様であると、事前考察の方では申し上げておきました。

今年のレースは、フルゲート18頭のところを13頭立ての奇数頭戦に仕立てられ、そのど真ん中ゲート5枠7番に配されたミッキードリームは、トップハンデ58Kをものともせず、見事単勝1番人気に応えて1着となりました(=実は先週土日のメインレースは6戦とも単勝1番人気馬が1着)。

やはり、夏季番組に入ってから、4回阪神初日三宮特別という1000万下条件戦を勝ち上がったことが最大の勝因なのでしょう。

同じく夏季番組=3回中山2日目鹿野山特別(1000)を勝ち上がったニシノメイゲツですが、こちらは他にも2回小倉12日目の博多S(1600)4着・2回東京8日目のレース名変更戦きぼう賞10着などの戦歴から、むしろ今年の臨時戦大文字Sには相応しいかと思われましたが、7番人気で6着と敗退しました。

ミッキードリームとニシノメイゲツの明暗を分けた理由の一つには、三宮特別が土曜日で、鹿野山特別が日曜日だったことが挙げられるかもしれません。

2着ですが、さすがに2番人気(3.5倍)で、セカンドハンデ(57.5K)で、ミッキードリームとは準平行同枠の位置に配されたタガノエルシコとの、「単勝1・2番人気決着」「重・重決着」「準平行ゾロ目決着」というトリプル・イレギュラー決着は起こりませんでした。タガノエルシコはまたしても3着に終わりました。ちなみに前走のストークSは、4回阪神初日の三宮特別の直後のレースでした。

2着に来たトモロポケットですが、出走全13頭中唯一3回阪神2日目(=通常2回中京6日目)垂水S(1600)2着・4回阪神4日目尼崎S(1600)4着と、今年春番組と夏番組に股割きとなった阪神競馬場連続出走歴が評価されたような気がします。

ちなみに、トモロポケットとタガノエルシコは、4月24日3回京都2日目ウインズ八代開設記念(1600)で7枠で同枠を組んでいました。但し、このレースは第9レースだったので、記念すべきWIN5発売対象第1戦とはなれませんでした。

結果的には今年も(=釜山S・博多Sに引き続いて)4歳馬と5歳馬のワンツー決着になった形です。牝馬は起用されませんでした。

*追伸:
なお、『特別研究会』基本料金をそれぞれ1000円引き下げ、なおかつ夏季番組開催中(~9月2日(金))は基本期間も5週間とさせていただきますので、是非この機会に御入会もお考え下さい。詳しくは『入会案内ブログ』の方へ・・・。宣伝でした。
http://blog.livedoor.jp/kamikoyasu-nyuukaiannai
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ブライアンズタイム

Author:ブライアンズタイム
FC2ブログへようこそ!

リンク
神子安泉著書

クリックで拡大!
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク集
AMAZON
楽天アフィリエイト




【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
片岡勁太・神子安泉著書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。