スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月23日彦根S(1600)回顧

皆さん、おはようございます。7月23日(土)京都11Rの彦根S(1600)について、簡単に振り返ってみたいと思います。

結果は、1着が断然単勝1番人気(1.4倍)の8枠10番エーシンホワイティ2着が8番人気(52.2倍)の5枠5番リッカアリュール3着が3番人気(14.7倍)の7枠8番エイシンパンサーで、枠連(5-8)4150円、馬連(5=10)4290円という、10頭立てにしてはそこそこの配当の平行ゾロ目決着ということになりました。

何度も申し上げていますように、今開催の4回京都5~8日目は通常の2回小倉1~4日目の代替開催であります。さらに今年は西主場のおいて、すべてのメインレースが11R戦化しています。

という訳で、この彦根S(1600)も今年限りの臨時戦で何が勝ってもおかしくはないのですが、通常の年であれば2回小倉3日目メイン10Rの北九州短距離S(=1600、芝1200M、特指・混合・定量戦)の代替レースであると考えられます。

事前考察で申し上げた通り、その北九州短距離Sは、昨年(10年)はフルゲート18頭のところを出走取消が1頭出た(18-1)頭立ての非正規戦で、単勝1・2番人気の4歳牝馬が組んだ2枠の枠連(2-2)純粋ゾロ目決着ということでした。

その1着馬ディグラーティアは前走ジュライS(1600)3着で、それ以外のデヴュー以来の戦歴も非常にエーシンホワイティに似ていました。また、09年の1着馬枠にも前走ジュライS出走組が2頭同居していました。

そうしたことなどから、単勝1.4倍と断然の1番人気だったのであまり気が進みませんでしたが、やはりエーシンホワイティを連軸候補の1番手に挙げざるを得ませんでした。とりあえず1着でゴール板を駆け抜けていきました。

問題は相手候補選びだったのですが、同じ4歳馬で単勝3.4倍の2番人気6枠6番ツルマルジュピターが滑り込んで来ても、何も言えない流れでした(=ちなみに3番人気はエイシンパンサーの14.7倍)。

このエーシンホワイティとツルマルジュピターは非常に戦歴の似た馬で、前走がともに土曜日の代替1600万下条件特別2着であるとか、今年の代替京都のテレビ愛知OPの2・3着馬であるとかいうこともそうですが、そもそもこの2頭は2歳時に最後のJpn1=朝日杯FSにおいて5枠で同枠を組んでいたほどの仲良しです。

最終倍率で枠連(6-8)でも馬連(6=10)でもともに160円ということだったみたいですが、この2頭の単勝1・2番決着があっても「ある種の隠れ同枠」みたいな形で、文句を言えないような感じでした。

事前考察の方では、エーシンホワイティの相手として、この馬以外に対角同枠の4歳牝馬1枠1番サリエル、もしくは(8-8)か(7-7)の純粋ゾロ目に注意というようなことを書いたのですが、平行同枠で震災後1走もしていないリッカアリュールが粘り込んでしまいました。

昨年も出走取消で枠連(2-2)純粋ゾロ目決着だったので、(8-8)(7-7)というのも微妙ではあったわけですが、さすがにそれはせずに、むしろ大胆にも平行ゾロ目決着に及んだようです。

もう1頭相手候補に挙げていた3歳牝馬の4枠4番マイネショコラーデは、最後猛然と追い込んで来て、「これは3着かな」と思わせてくれたのですが、残念ながら4着に終わってしまいました。やはりこんなところで今年の貴重な3歳馬を無駄遣いはしないみたいです。

*追伸:
なお、『特別研究会』基本料金をそれぞれ1000円引き下げ、なおかつ夏季番組開催中(~9月2日(金))は基本期間も5週間とさせていただきますので、是非この機会に御入会もお考え下さい。詳しくは『入会案内ブログ』の方へ・・・。宣伝でした。
http://blog.livedoor.jp/kamikoyasu-nyuukaiannai




スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ブライアンズタイム

Author:ブライアンズタイム
FC2ブログへようこそ!

リンク
神子安泉著書

クリックで拡大!
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク集
AMAZON
楽天アフィリエイト




【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
片岡勁太・神子安泉著書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。