スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月24日新潟11R=柳都S(1600)回顧

皆さん、こんにちは。遅ればせながら、先日7月24日(日)新潟メイン11Rの柳都S(1600)について、簡単に振り返ってみたいと思います。

結果は、1着がなんと最低15番人気(343.0倍)の4枠7番メイショウエンジン2着が6番人気(15.2倍)の6枠10番アストレーション3着が1番人気(3.2倍)の3枠4番グリッターウイングで、単勝が34300万の3万馬券、枠連(4-6)こそ8540円と4ケタに収まったものの、馬連(7=10)も193200円という20万馬券近い超高配当となりました。

今さら何を言っても後の祭りですが、事前の予測とは180度真逆の結果となってしまいました。

今開催の3回新潟は、通常ですと2回なわけですが、それ以外の点では完全に正規型の開催です。この柳都Sは昨年は2回新潟初日(土)のメイン11Rだったのですが、今年は4日目(日)から1日繰り上げられて3日目(土)戦化した日本海S(1600)の空いた場所に移設されました。

もう何度も申し上げていますように、この夏の最大のテーマは新設馬券「WIN5」発売対象戦実績であると考えていますので、昨年の土曜日開催から日曜日開催となった今年の柳都Sにおいては、当然「WIN5」実績馬が起用されるものと判断してしまいました。

したがってその実績順に、上越S(1600)1着の2枠3番トーセンアドミラル、若狭湾特別(1000)1着の3枠4番グリッターウイング、利根川特別(1000)1着の7枠13番トーセンアレスの人気3頭を連軸候補に挙げてみたのですが、3頭とも見事に連対を外してしまいました。

ちなみに、トーセンアドミラルの方を優位としたのは、上越Sが1600万下条件特別であったこと、メイン11Rであったことを考慮したものです。結果的には4番人気で9着に惨敗し、前出3頭の中ではこの馬がダントツの最下位となってしまいました。ある意味非常にリーズナブルです。

逆に343.0倍というありえない倍率で1着となった最下位15番人気のメイショウエンジンは、今回の出走全15頭の中で、ただ2頭いた「震災後未出走馬」のうちの1頭ということになります。未出走ということではもう1頭3枠5番ヤマニンバッスルがいましたが、こちらは3月27日の梅田S(1600)において枠順確定前取消をしていますので、若干意味合いが異なってきます。

2着のアストレーションはWIN5発売開始日の4月24日の第8R(1000万下条件平場戦)において2着、その後5月21日(土)の1000万下条件平場戦を勝利して駒を進めてきたわけですが、やはりWIN5発売対象戦に出走するのは今回が初めてでした。

そうしたわけで今回の柳都Sは、「WIN5」発売戦実績を争うどころか、出走歴すら全くない2頭によるワンツー決着となってしまいました。・・・いやあ、参りました。

*追伸:
なお、『特別研究会』基本料金をそれぞれ1000円引き下げ、なおかつ夏季番組開催中(~9月2日(金))は基本期間も5週間とさせていただきますので、是非この機会に御入会もお考え下さい。詳しくは『入会案内ブログ』の方へ・・・。宣伝でした。
http://blog.livedoor.jp/kamikoyasu-nyuukaiannai


「まぐまぐ」無料メルマガ登録は、左側のバーの登録フォームもしくは携帯等で左側のバーが非表示の方は下記のURLからお願いします。

 http://www.mag2.com/m/0000279304.html

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ブライアンズタイム

Author:ブライアンズタイム
FC2ブログへようこそ!

リンク
神子安泉著書

クリックで拡大!
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク集
AMAZON
楽天アフィリエイト




【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
片岡勁太・神子安泉著書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。