スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回キーンランドC(G3)完全分析(2)・・・事前考察(2)

皆さん、こんにちは。夏季番組が終了し、いよいよ秋季番組が開始されます。

当ブログでは皆様からの日頃の御愛顧に感謝致しまして、前回から3回に分けて、既に8月28日(日)に施行されました第6回キーンランドC(G3)に関しての詳細な分析を行っています。

と申しましても、具体的には『特別研究会』会員限定閲覧ブログの方の、事前考察(1)(前走成績)・(2)及び回顧の3本の記事をノーカットで完全公開するというものです。「限定ブログの方はこんな感じなのか?」ということで、是非とも御覧になってみて下さい。

【第6回キーンランドC(G3)事前考察(2)】

皆さん、こんにちは。引き続き、本日8月28日(日)札幌11Rの第6回キーンランドC(G3)について、更に検討を進めたいと思います。

今開催の札幌競馬は、例年と違ってメインレースが11R戦化しているものの、基本的には正規戦型の開催です。今日はレース順位の変更もないので、当然このレースは正規戦です。

今年もフルゲート16頭戦となりました。世代的には3歳馬の出走が無く、唯一の気がかりと言えばそれだけです。

このキーンランドCというのはまだ新設されてから今年で第6回と歴史も浅く、比較的地味なG3戦という印象がありますが、いくつか特筆すべき点があります。

1つは御存じの通り、夏季番組なのに何故か秋季番組であるスプリンターズS(G1)へ向けた指定戦競走であるということです。別に優先出走権を付与するとかそういったことはありませんが・・・。

2つ目は、詳細は伏せますが、副賞として「キーンランド協会賞」と「札幌馬主協会会長賞」という2つの賞を授与されることです。これは各自で整理してみて下さい。

3つ目は、別定戦としての斤量規定が「3歳53K、4歳以上56K、牝馬2K減、収得賞金3000万円超過馬は超過額4000万毎1K増」という特殊なものであるということです。通常G3戦の賞金別定戦の別定規定は、基礎斤量はともかく「超過額2000万毎1K増」というのが主です。「超過額4000万超1K増」というのは「たかが一介のG3戦のくせに随分と大きく出たな!」といった感じです。

この「偉そうな斤量規定」において、負担重量が増量されるということはかなりなことです。具体的には、基礎金額3000万+超過金額4000万で7000万以上無ければたったの1Kたりとも増量されないということで、今回のメンバーでは事実上唯一5枠9番ビービーガルダンのみに適用される別定規定です。

しかもビービーガルダンは収得賞金11750万なので、3000万+4000万+4000万+750万ということで、+2K増量です。また、賞金別定のG2戦によく見受けられる「超過額5000万超毎1K増」ということであれば、+1K増で済まされます。また、通常のG3戦のように「2000万超毎1K増」ということであれば、+4Kの60Kを背負わされることとなります。

もう1頭関係がありそうなのは、現在3.2倍の単勝2番人気のようですが、8枠15番のジョーカプチーノです。この馬は資格賞金が6850万なので、基礎金額3000万+超過額3850万ということで、150万違いでギリギリ増量することが出来ませんでした。というよりも、+1K増を免れて斤量的には得をした形です。

それ以外の馬はすべて資格賞金5000万以下なので、超過額が2000万だろうが4000万だろうが関係ないといった形です。

それでも、資格賞金が3000万以下の馬と5000万以下の馬は分けて考えてみて下さい。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ブライアンズタイム

Author:ブライアンズタイム
FC2ブログへようこそ!

リンク
神子安泉著書

クリックで拡大!
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク集
AMAZON
楽天アフィリエイト




【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
片岡勁太・神子安泉著書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。