スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エニフS(OP)事前考察(2)完全版

皆さん、おはようございます。本日9月19日(祝・月)阪神11RのエニフS(OP)について、さらに検討を進めていきたいと思います。

(この記事は、前回冒頭部分を一部掲載しました、『特別研究会』限定ブログの「エニフS(OP)事前考察(2)」の完全版です。)

今開催の阪神競馬は回数表示以外は正規戦型の開催で、本日はレース順位の変更もないので、本来ならば正規戦として扱われます。

しかしながら、札幌のエルムS(G3)もそうですが、今週は変則3日間開催で、なおかつ祝日の月曜日開催となっているので、今年も非正規戦として取り扱います。

さらに、このレースは昨年フルゲート16頭のところを11頭立てで枠連(8-8)の純粋ゾロ目決着でしたが、今年はさらに1頭減って10頭立て戦となってしまいました。全くやる気がない感じです。

なんと非常に不思議なことに、今回のエニフSにおいては、新賞金体系下での1000・1600万下条件戦実績のある馬が1頭も存在していません

なので、連軸候補馬は59Kを背負わされた6枠6番ダノンカモンと、牝馬ながら57Kを背負わされた昨年の1着馬4枠4番ケイアイガーベラとさせて頂きます。

ちなみにこのエニフSの別定重量規定は、以下のものです。

「3歳53K、4歳以上55K、牝馬2K減、収得賞金1000万超過馬は超過額1150万毎1K増)」

つまり、前出ケイアイガーベラとダノンカモンはともに基礎斤量から+4K増量ということで、この2頭のワンツー決着ということになれば、今回の非正規戦型の決着という趣旨に充分当てはまります

相手候補馬も、人気筋で申し訳ないのですが、5枠5番マルカベンチャーとさせて頂きます。この馬の収得賞金は2100万で、たった50万の差で55Kの基礎斤量据え置きというのは(=2枠2番ワールドハンターも同様ですが)、前出の+4Kだった2頭とは対極的な位置にあります。

ですから、斤量的にバランスを取るはずだと考えるのであれば前出2頭からこの馬へ流してみて下さい。

固い決着が予想されますが、荒れることを期待する方は、昨年が枠連純粋ゾロ目決着だったので、余裕があれば連軸馬2頭の隠れゾロ目筋を狙ってみるのも宜しいかと思います。

しかしながら、個人的にはやはり前出番の3頭で1・2着が決まる可能性が高いような気がします(=5番・6番の決着となれば、対角ゾロ目決着ということになります)。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ブライアンズタイム

Author:ブライアンズタイム
FC2ブログへようこそ!

リンク
神子安泉著書

クリックで拡大!
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク集
AMAZON
楽天アフィリエイト




【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
片岡勁太・神子安泉著書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。