スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第57回産経賞オールカマー(G2)雑感

皆さん、おはようございます。本日9月25日(日)中山11Rの第57回産経賞オールカマー(G2)について、さらに検討を進めていきたいと思います。

(この記事は『特別研究会』限定ブログの冒頭部分です)


今開催の中山競馬は正規戦型の開催で、本日はレース順位変更が無いので、基本的には正規戦として扱います。

しかしながら、フルゲート17頭のところを辛うじて枠連馬券発売がギリギリ可能な9頭立てという非フルゲート戦になってしまいました。

馬齢構成的には、一応3・4・5・6・7・9歳馬が揃ってはいるものの、5歳牡馬が存在しない事実上の準非全世代競走ともいうべき「隠れ非正規戦」といった感じです。

朝から単勝1.5倍前後で圧倒的1番人気を誇示する7枠7番アーネストリーですが、別段特別相応しいという戦歴なわけでもありません。が、やはり別定重量59Kを背負う直近のG1馬という立場はけっして侮れないので、最低でも3着くらいには滑り込んで馬券にはなると考えられます。一応、この中では指定戦歴も豊富です。

もう1頭のG1馬である8枠9番シャドウゲイトは、海外でのG1戦制覇馬で、国内ではイマイチ指定戦に出たり特指戦に出たりと方向性が定まりません。9歳馬だからというわけではありませんが、今回は連対が厳しいかと思われます。

(以下省略)

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ブライアンズタイム

Author:ブライアンズタイム
FC2ブログへようこそ!

リンク
神子安泉著書

クリックで拡大!
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク集
AMAZON
楽天アフィリエイト




【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
片岡勁太・神子安泉著書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。