スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国馬事会杯(1600)過去の経緯と雑感

皆さん、おはようございます。本日10月1日(土)中山11Rの韓国馬事会杯(1600)について、簡単に見ていきたいと思います。初めに過去5年の経緯から見ていきます。

(この記事は「特別研究会」限定ブログの冒頭部分を再構成したものです)

06年・・・3回中山3日目=4月1日(土)11R、ダート1800M、カク指・混合・別定戦、馬連万馬券決着、1着賞金1830万、14@16

07年・・・2回中山1日目=2月24日(土)11R、芝1200M、カク指・混合・定量戦出走取消戦=2頭、(16-2)@16

08年・・・2回中山1日目=3月1日(土)11R、芝1200M、カク指・混合・定量戦、16@16

09年・・・2回中山1日目=2月28日(土)10R、芝1200M、カク指・混合・ハンデ戦出走取消戦1着賞金1780万、(16-1)@16

10年・・・2回中山7日目=3月20日(土)10R、芝1600M、カク指・混合・定量戦、14@16

皆さん、こんにちは。本日は3レース配信なので時間が押し気味ですが、本日10月1日(土)中山11Rの韓国馬事会杯(1600)について、さらに検討を進めていきたいと思います。


今開催の中山競馬は正規戦型の開催で、本日はレース順位変更が無いので、正規戦ということになります。フルゲート16頭に対し12頭立てなので非フルゲート戦です。馬齢構成的には3・4・5・6・7歳が揃っているので全世代競走ということになります。


事前考察(1)を御覧になって頂ければわかるように、このレースは毎年のようにコロコロとスペックが大幅に変わるので、過去の同名戦を調べても全く意味がありません。特に今年に限っては震災の影響で本来春季にやるべきレースを秋季に再設計したわけで、とりあえず別の視点を探さざるを得ません。


ということで、このレースに関しても今年のテーマである「新賞金体系下での1000・1600万下条件戦実績の有無」、加えて「新型馬券WIN5発売対象戦実績の有無」といういつもの2大着眼点を押さえることで対応するしかないと思います。


(以下省略)

推奨馬券の方には、余計なことを書いてかえって混乱を招いてはいけないと思ったので触れませんでしたが、このレースはスペックはころころ変わるくせに、枠連の出目に関しては02年から06年まで(5-7)(5-8)(4-5)(5-7)(3-5)と5年連続で5枠を起用し、最後のの06年からは(3-5)(3-4)(3-8)(1-3)(3-5)と5年連続で3枠を起用しています。今年は再び5枠のターンがあるでしょうか?

余談ですので、気にしないで下さい。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ブライアンズタイム

Author:ブライアンズタイム
FC2ブログへようこそ!

リンク
神子安泉著書

クリックで拡大!
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク集
AMAZON
楽天アフィリエイト




【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
片岡勁太・神子安泉著書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。