スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国馬事会杯(1600)回顧

皆さん、おはようございます。忘れないうちに、先日10月1日(土)中山11Rの韓国馬事会杯(1600)について、簡単に振り返ってみたいと思います。

(この記事は『特別研究会』限定ブログからの抜粋です)

結果は、1着が単勝2番人気(4.1倍)の1枠1番ダイワファルコン2着が6番人気(14.1倍)の3枠3番クーデグレイス3着が圧倒的1番人気(2.8倍)の7枠9番リルダヴァルで、枠連(1-3)2440円、馬連(1-3)2180円という配当でした。

今開催の中山競馬は正規型の開催で、この日はレース順位の変更がなかったので、正規戦として扱います。

フルゲート16頭のところを12頭立ての非フルゲート戦でありましたが、馬齢構成的には3・4・5・6・7歳馬が揃う全世代競走でした。

このレースはスペックがコロコロ変わるため、過去のレースの回顧が意味を為さないというお話をしました。

今回も、「新賞金体系下での1000・1600万下条件戦実績」と「新型馬券WIN5発売対象戦実績」の有無という観点から、1枠1番ダイワファルコン8枠12番ギンザボナンザを連軸候補の1・2番手に挙げ、さらに同様の立場から、5枠5番ニシノメイゲツ6枠7番カゼノグッドボーイもその1000万下条件戦1着歴が非WIN5戦実績なので悪くないという見解を示しました。なので、ちょっと焦点のボヤけた予想となってしまいました。

結果的に、この4頭の中から2番人気のダイワファルコンだけが1着となり連対枠入りし、他の3頭は掲示板にすら載れない惨敗でした。

同様に、相手候補に挙げていたリルダヴァルは3着、3着候補かも知れないと思っていたプレイは4着でした。

なので、予想的にも大惨敗なのですが、皮肉にも推奨馬券メール配信後に限定ブログの事前考察(2)に書き足した、「韓国馬事会杯の枠連出目」から、今年も3枠が起用されてしまいました。

再録します(=枠単方式で書いておきます)。
02年~06年=(-7)(-8)(-4)(-4)(
06年~10年=()(4-)(8-)(1-)(

02~06年は5枠を1着枠に起用し続け、06年で3枠にバトンを渡すかのように、06年~10年まではその3枠を2着枠に起用し続けています。

もっとも今年は問題の6年目なので、むしろまた5枠の起用に戻るのかと考えて失敗してしまったわけですが・・・。

今回は、このレースのようにコロコロスペックが変わりながら同じレース名で統一されたレース群には、このように出目的に何らかのオペレーションが施されているものがあるということを、あらためて再認識させられました。

本当はもっと凄いオペレーションが働いているわけなんですけれども、それは信義上『特別研究会』の皆様のみにお話させていただきます。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ブライアンズタイム

Author:ブライアンズタイム
FC2ブログへようこそ!

リンク
神子安泉著書

クリックで拡大!
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク集
AMAZON
楽天アフィリエイト




【楽天ブロードバンド】インターネットを、もっとお得に、快適に!
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
片岡勁太・神子安泉著書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。